代表あいさつ

アロマテラピーとの出逢いは1996年のことでした。当時は第2次香りブーム。バブルがはじけてしばらく経ち、癒しや自然療法が改めて脚光をあびている時代でした。アロマテラピーがスピリチュアルな宗教や何かと勘違いされ、まだ市民権を得ていないころ、当時編集していたミニコミ紙の取材でアロマテラピーサロン兼教室に訪れたのがキッカケです。

香りで癒されるってどういうこと?健康や美容にどう役立つの?

気にはなったものの、まだまだ高額な精油をたくさん揃えられるのは一部のセレブだけと勘違いし、そのときはコラムを連載するだけで終わってしまいました。

それから数年が経ち、仕事の無理がたたって体調を崩したとき、生き方の矛盾に気づきました。人間も動物である以上、自然であることが一番の薬。そして数多ある自然療法の中でアロマテラピーに傾倒したのは、手軽で誰でもできて、生活の中に取り入れやすいといった点からでした。

アロマテラピーを学び実践すれば、生き方をより良くし、生活水準を簡単に上げることができます。不必要なものを買わなくなり、経済的にも負担が軽くなります。何より自分と家族と地球を大切にし、幸せに気づくことができます。

そのことをより多くの方に気づいていただきたく、老婆心を全開にして自分の知っていることをお伝えするつもりです。講座ではテキストに載っていない大切なことも含まれていると自負しています。

数あるアロマテラピースクールの中でアロマデザインカフェAngie(アンジー)を選んでくれたことを心からよかったと思っていただけるよう尽力いたします。

 戸田雅子

プロフィール

戸田 雅子

アロマインストラクター、イラストレーター&似顔絵師、グラフィックデザイナー、カフェオーナー。

1970年12月25日生まれ。

阿佐ヶ谷美術専門学校卒。印刷会社デザイン室、ミニコミ編集室を経てフリーのグラフィックデザイナーになり、イラストも手がける。アロマテラピーとグラフィックデザインとカフェメニューが楽しめる、自分と地球と財布に優しい店『アロマデザインカフェアンジー』を2019年5月にオープン。地域の方たちに憩いの場を提供しつつ、情報発信基地としての役割も担う。

また2020年はコロナ禍で自分のできることは何かを考え、NPO法人環健ネットワークの前田氏の力を借りて、新しい生き方にシフトして頑張っている地域の優良店を応援するサイト『テイクデリ坂戸』を開設。テイクアウトやコロナ対策をしているお店の情報を記載。

その他、2020年5月に「ありのままの自分でも大丈夫!手順を踏めばだれでもできる!コミュニティカフェのつくり方」で作家デビュー。何か始めたい、夢を叶えたいと思っている人を具体的に応援。商工会の創業塾をはじめ、地域貢献企画など積極的に協力している。

自身が体調を崩したことがきっかけでセルフメンテナンスのために始めたアロマテラピーを独学で学び、2013年12月にアロマインストラクターの資格を取得。2020年12月には念願だったアロマ資格取得の認定教室を開講。令和時代をよりよく生き抜く方法をアロマテラピーインストラクターの観点からだけでなく、SDGsを目標とした自然家の目線から伝えてゆく。